スモールビジネス専門。講師のためのweb集客コンサルティング

【保存版】起業初期の人がまず最初にやるべきことは何か?

2018/04/17
 
クライアントとの関わり方
この記事を書いている人 - WRITER -
大崎 博之
個人の小さなビジネスを応援する経営コンサルタント。過去3年で指導した女性起業家の数は1,000名以上。講師のための商品開発や、セミナーのカリキュラム開発が得意。独立2年目には当初目標としていた年商1,000万円規模のビジネスに到達。WEB発信が好きで、ブログ歴も14年以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら
>> 無料のWEB集客診断ツールを試してみませんか?
今すぐ試してみる方はコチラ  

 

今日は久しぶりに、起業初期の人が最初にやるべきことについて記事を書いていこうと思います。

結論から先にいうと、

  1. 商品を編集する
  2. 商品を知ってもらう
  3. 商品を買ってもらう

の3つをすることです。

但しどういうわけか、「この3つを先にやるんだよ」とどんなに伝えても、本当に多くの人が順番を間違えます。

特に多いミスが、「独自のウリを作る」「キャッチコピーを考える」「ブログを書きまくる」「SNSに投稿しまくる」「ホームページを作る」などの行為です。

やるべきこと、やってはいけないこと。

そのあたりを踏まえながらお伝えしていきますね。

 

「起業初期」と「起業準備中」を分けて考える

運河沿いにくつろぐ女性

商品がない、という状態の人がいます。

その人たちは「起業初期」ではなく、「起業準備中」です。

ですので申し訳ありませんが、この記事の続きを読んでも「起業準備中」の方が求めるものは書かれていないと思います。

商品があって初めてビジネスはスタートします。ですので、まだ商品がないという方はこちらの記事をまずはご覧になってもらえればと思います。

オリジナルの講座を作って個人起業したい時の考え方

 

それではここから、すでに商品がある方を対象に「起業初期」のまず最初にやるべきことを3つのポイントに絞ってお伝えしていきます。

まずは魅力的な商品を用意し、その魅力が伝わるような『編集』を行います。

 

商品の編集とは何か?

女性のネイル

商品をすでに持っている方の中には、協会資格や認定資格などを伴う技術を持っている方や、コーチ、コンサル、セラピスト、カウンセラーのように競合の多い職種の方もいると思います。

つまり「売れにくい」状態にある人たちです。

この状態ですと、どんなに自分の商品を知ってもらう人が増えたとしてもなかなか売れません。

なので『編集』が必要なのです。

ちなみにこの時点で、『独自のウリ』や『キャッチコピー』などは不要です。

その代わり、次の3つを押さえてください。

 

①フロントとバックに分ける

本命商品とお試し商品という具合にパッケージングしましょう。

10,000円 → 3,000円 のお試し商品と、全5回で50,000円、という感じの「回数売り」でまずは構いません。

 

②買える価格にする

本命商品を売ってもまったく利益が出ないようでは意味がありませんが、お客さんが買えないような価格でも意味がありません。

 

③優位性を文字に起こす

例えばですが、心理学を学んで1年の人と10年の人を比べてみましょう。当然後者の方が信用できます。このようなに、商品に対して優位性が持てることを言語化しましょう。

必ずしも『独自のウリ』を『キャッチコピー』にする必要はありません。

まともに取りかかると半年以上かかることも珍しくなく、起業初期の方がここに取り組んでいると日が暮れてしまいます。

 

商品を知ってもらうために

カフェとペットと

専門用語で『動線』と言いますが、自分の商品を知ってもらうための流れを作ります。

大切なものが3つあります。

  1. 販売メディア
  2. フォローメディア
  3. 入口メディア

上から順番に見ていきましょう。

 

販売メディアを作る

一言でいうと、『商品のご案内記事』です。告知記事とも言います。

ブログでも良いですし、ペライチwix でもOKです。こくちーずでも、BASE でも構いません。

商品を購入できるページがなければ、お客様は買うことができません。

必ずしも『ホームページ』にお金をかけたり、労力をかけたりする必要性はありません。

起業の初期段階では多くの場合において不要です。

実はある程度売れている人(年商200~500万円)レベルの人でも、メールやFBメッセージ、LINEなどで受注を取っていることは珍しくなかったりします。

 

フォローメディアを作る

興味を持ってくれた人と接点を維持できるものであれば何でも良いです。

メルマガやLINE@ が代表的です。

アメブロnote のようなSNS要素の強いブログサービスでも良いですし、フェイスブックのグループ機能でも構いません。

ポイントは、お客様が負担なく利用できるもので、定期的にコミュニケーションを取れるものを利用することです。

 

入口メディアを作る

お客様に自分の商品を知ってもらうための最初の接点となる場所です。

SNSでも検索でも良いのですが、とにかくスピード感を出せるものがここでは重要です。

そう考えると選択肢は意外に多くなく、

  • 適切に広告を使う
  • コミュニティに飛び込む
  • 無料キャンペーンを紹介してもらう
  • SNS やSNSブログ(アメブロやnote)でイイねやコメントをする

というのが代表的です。

起業初期はできるだけ1ヶ月目から売上を作りたいので、効率良く、スピード感をもって多くの人に商品を知ってもらえるような手立てを考えてください。

起業初期でいちばん大事なのは『入口メディア』を急速に広げることです。

「ブログを書きまくる」ことや「SNSを投稿しまくる」という行為は、結果が伴うまでに時間がかかります。

1ヶ月ぐらいで、webであれば300~1000人に知ってもらうぐらいの心構えは必要です。

ですので、もう一度だけ言いますが、

 

・適切に広告を使う
・コミュニティに飛び込む
・無料キャンペーンを紹介してもらう
・SNS やSNSブログ(アメブロやnote)でイイねやコメントをする

 

という、短期間に自分の商品を知ってもらう手段を効率よくスピーディーに行うことが大切です。

もちろん、超・大原則として、見込みのお客様がいるであろう場所で認知は広げないとまったく意味がありませんのでお気をつけください。

(アメブロの中に見込みのお客様がいないのにアメブロをしているとかは超NGです)。

 

■ちなみに、リアルのコミュニティに飛び込んで集客したい方は、こちらの考え方が有効かもしれません。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

交流会に参加して参加者の方に本命商品を買ってもらう方法!?

 

商品を買ってもらうために

花の入ったバスケットを持つ少女の画像

とにかく『入口メディア』で数多くの人に猛スピードで知ってもらって、『フォローメディア』で定期的にコミュニケーションを取りましょう。

その上で、これらの見込みのお客様に商品を買ってもらうためには『ヒアリングリサーチ』が肝になります。

 

売れてるものを売る

『販売メディア』として告知記事を作ってあると思うのですが、多くの場合そのままでは商品を買ってもらえません。

どんなに買いやすい価格でも買ってもらえません。究極、無料でも利用してもらえません。

 

お客様は、自分が欲しいものを、買える価格で買いたいのです。

 

ですので、実は最初から売れている商品、人気のある商品を取り扱うことが「商品を買ってもらうこと」の一番の対策になります。

ですが、オリジナル商品の場合は売れるかどうかが分かりませんので、お客様に直接聞く『ヒアリングリサーチ』をすることが大事になります。

 

ヒアリングリサーチする

簡単にいえばアンケートなのですが、紙に書いてもらう方式やアンケートフォームに入力してもらう方法だとうまくいきません。

必ず、対面または準対面(電話、Skype、ZOOM、LINE通話)などを利用します。

なぜなら、お客様は自分が欲しいものを自覚していないからです。自覚していないものは言葉にはできません。

ですので、必ず対面または準対面によってヒアリングを行ってください。

やり方は、こちらの記事が参考になると思います↓

売れる起業家のヒアリングの仕方

なぜあなたは「お客様の声」に振り回されてしまうのか?

 

おわりに

マシュマロカフェ

起業初期の人が最初にやるべき行動は、

  1. 商品を編集する
  2. 商品を知ってもらう
  3. 商品を買ってもらう

という3つの行動に力を入れることです。

魅力的で、多くの人に伝えたいと思う商品を持っていることは前提です。

普通に考えて「良い商品があるからそれを広めていきたい」という動機はみんな持っていると思います。

「良い商品なはずなんだけど、それをうまく言葉にできない!! T_T」

という人はこちらの記事を読めばある程度は解決すると思います。

誰でも再現できる、売れる商品の作り方とは?

 

それを踏まえた上で、結局のところ、起業初期でもっとも大切なのは、自分の商品を認知してもらうための行動をどれだけ早く、大量にできるのか?

というところに尽きるのです。

ですが、これがなかなかできない。起業初期のもっとも大きな問題の1つです。

この解決策…、とまではいかないのですが、私(大崎博之)が独立当初にどのような動き方をしていたのかという体験記を最後に紹介したいと思います。

 

■とにかく必死! の一言に尽きる1年目。それでも初月から20万円以上稼げた理由とは?

地方田舎暮らしの茨城人でも稼げた赤裸々なお話

 

■独立前に『経営塾』に通っていた頃の思い出を振り返りながら、私が1つの『夢』を達成した時の記事も非常に反響がありました。

「1day経営塾」のネーミングに込められた本当の意味

 

無料メール講座のご案内

起業2年目の本質WEBライティング! 
7日間のビジネスメール講座

■PCからの登録はコチラ↓
https://24auto.biz/startup/touroku/entryform6.htm

■スマホからの登録はコチラ↓
https://24auto.biz/startup/touroku/sp/entryform6.htm

 

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大崎 博之
個人の小さなビジネスを応援する経営コンサルタント。過去3年で指導した女性起業家の数は1,000名以上。講師のための商品開発や、セミナーのカリキュラム開発が得意。独立2年目には当初目標としていた年商1,000万円規模のビジネスに到達。WEB発信が好きで、ブログ歴も14年以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© HIRO-YUKI BUSINESS.COM , 2018 All Rights Reserved.