起業・ビジネス理論

オリジナル商品はWEBで売る! スタートアップ・アンド・イノベーションのこだわり

投稿日:2017年4月1日 更新日:

読者する大崎博之の画像

オリジナル商品をウェブで売ることの専門家。スタートアップ・アンド・イノベーション代表の大崎博之です。

初訪問の方へのお勧め記事

プロフィールはコチラ

 

私は常々、起業を考えるなら、まずは少ない資金でリスクの少ないところから、まずは堅実に自分のビジネスをスタートさせることが大切だと考え、その観点から日頃から情報発信を心掛けています。

そういう意味で、当ブログでは「資金ゼロ」でも「低リスク」でありながら「ハイリターン」を手にすることができる方法をお伝えしています。その中で特にキーワードになるのが、

【オリジナル商品をウェブで売る】という考えです。今日はその視点から記事を書いていこうと思います。

 

なぜオリジナル商品か?

これまで200名以上の女性起業家をサポートしてきましたが、その中でもっとも多かったのが「〇〇協会の資格を活かした商品」や「〇〇養成講座で教わった商品」というパターンです。

もしあなたが起業を考えているとしたら、そういった他人の商品を扱うことのメリットとデメリットをよく考えてもらいたいと思っています。

他人の商品を扱うことのメリット・デメリットは何か?

 

メリット

まず何よりも、商品開発を行わなくて良いというのが一番のメリットでしょう。

インターネットで「起業」と検索すると、そのほとんどが「起業 アイデア」というような複合キーワードで検索されています。それぐらい、どんな商品やサービスを扱うことが良いのかを模索している人が多いということです。

そしてもう一つ忘れてはならないメリットとして、情報発信が容易になる、ということが挙げられます。

 

商品を用意したら、次に考えるべきは集客やセールスです。

その時に当然、その商品を認知していただき興味を持ってもらうため、ネットやリアルなど場面を問わず情報発信が必要になります。その時に迷いなく発信ができると思います。

なぜなら、すでにその商品自体に【コンセプト】が宿っているからです。

 

商品が生み出される際には必ずその前工程としてマーケティングが行われます。つまり、どんな世の中のニーズを汲んで生み出された商品なのかという背景がそこにあるわけです。

例えば「英語コーチ」という仕事がありますが、これは「英会話講師」の行うレッスンだけでは超えられない壁があったのを崩すために生まれた職種であり、商品(サービス)です。

このように商品のコンセプトが明確であれば情報発信は容易です。多くの起業初期の人が集客がうまくいかない原因は、商品コンセプトの弱さが8割以上を占めていると言っても過言ではないと私は思っています。

 

デメリット

一番のデメリットは、同じ商品を扱う人が複数いるということです。当然ですが、同じ商品を扱っていれば、販売地域が異なるなどの理由がない限りは、少なからず競争が起きます。

ここで差別化という概念が生まれますが、商品が同じである以上、次に問われるのは「誰」が売っているのかという部分です。

もちろん商品によっては他の部分で差別化要素を生むことはできます。とはいえ、商品コンセプトが同じである以上は、競合する人が現れることに違いはありませんし、そこをデメリットに感じる人は多いものです。

 

ですがそれ以上に私が問題だと感じるのは、自分のさじ加減で商品やサービスを『アップデート(更新)』することができない、という点にあります。

基本的に商品やサービスというのは、アップデートすることを前提にしていることが多いと思います。

皆さんが普段使っているスマホやアプリなども頻繁にアップデートの通知が来ると思いますが、それは常に商品やサービスがブラッシュアップされている、ということを意味しています。

 

ですが他人の作った商品である協会の資格や養成講座の商品というものは、基本的には商品コンセプトや提供方法に枠組みが設けられます。ルールがある、とも言えます。

起業の醍醐味は、常に商品やサービスをより良くするためアップデートを行い、価値を増やし続けるところにあると私は考えますので、そういう意味では旨みが少ないビジネスになるし、やりづらいな、とも思うわけです。

 

もしここで、商品の権利利用料として10~20%の手数料を取られるとしたら、ますます起業の旨みがないなと、私は考えてしまいます。

 

オリジナル商品を売るということ

ここまでをまとめると、オリジナル商品を作って売るということは、商品を常にアップデート(更新)する権利を持ち、常に価値を高めながらビジネスを行うことができる、ということです。

価値が高まることで集客がよりしやすくなる場合もありますし、単価を上げられる可能性も出てきます。この価値のことを「付加価値」と言います。

 

付加価値とは?

例えば同じ本が目の前に2冊あったとします。片方は新品の本。片方は有名芸能人が愛読書として持ち歩き、自分のお気に入りの部分には書き込みをしたりマーカーで線を引いた、サイン入りの本です。

もしあなたがその芸能人の大ファンだとしたら、どちらの本に価値を見い出すでしょうか。もちろんそこに賛否はあると思いますが、大概がサイン入りの本に価値を感じると思います。

その付加された価値のことを、付加価値と呼びます。

 

特に講師・コンサル・コーチとしてのビジネスを中心に、形のない無形サービスというのは、実態がないがゆえに信用を得ることが大変な分、付加価値を付けやすいビジネスでもあります。

この「知識・経験・スキル・ノウハウ」は、そのままでは価値を持ちません。

必要としている人に、より高い専門性で伝えていくことに価値は見いだされます。または、複雑すぎるものごとをシンプルに分かりやすく、その人にオーダメイドカスタムで伝えることで価値が生まれます。

 

オリジナル商品を売るということは、常に商品やサービスのアップデートを行いながら、どんどんと付加価値を高め、より集客をしやすく、より単価を上げやすくする、もっともシンプルなビジネスの一つなのです。

ここまでを読み、オリジナル商品を作ってみたいと思った方は、コチラの記事も参考になります↓

【最新】オリジナルの講座を作って個人起業したい時の考え方

 

想いや願いを届けやすい

そして、もちろん付加価値ビジネスを行うことに大きなメリットはありますが、何よりも私がオリジナル商品にこだわるのは、自分の想いや願いをビジネスを通して届けやすくなるからです。

『君の名は』という映画がありました。あの映画のコンセプトについて「想いと願いを他者に届けようともがくこと、それがこの映画のコアです」という記事を読んだことがあります。

あなたにとってのオリジナル商品もそういうものであって欲しい。これもまた、私の1つの想いであり願いなのかもしれません。

 

なぜウェブで売るのか?

窓際のパソコンと紅茶の画像

ビジネスを成功させるためには、必須の条件が2つあります。

それは【商品】と【集客動線】の2つ。これらがしっかりと作り込まれていないと、ビジネスを成功させるのは非常に難しくなります。

 

要は、商品をお客様に届けるまでの仕組みがちゃんと整っていますか? ということなのですが、この集客動線はインターネットの仕組みを使うことで、とても簡単に作れてしまうのです。

※動線について詳しく勉強したい方はコチラ↓

集客で絶対に外してはいけない動線の作り方とは?

 

そんな中、WEB上、オンライン上でネットツールを使うことは非常に低リスクでありながら、ハイリターンが見込める方法の一つなのです。私は、これはもう絶対に使わない手はないと思っています。

 

低リスク・ハイリターンな理由

商品を販売する場所を用意するために店舗を構えなくてはいけない場合ですと、成功するかどうか分からないビジネスに対しての初期費用がかかりすぎています。

商品の仕入れが発生するのも在庫を抱えるリスクがありますし、起業1年生が取り組むには無謀過ぎます!

そこで登場するのがネットツールであったり、メディアと呼ばれるWEBの仕組みたちです。

 

テレビで広告を出すのは莫大な費用がかかりますが、フェイスブックで告知するなら無料で可能です。

通販番組のようなCMを作るには巨額な資金が必要ですが、YouTubeで行えば無料です。

雑誌や新聞に広告を出すのは基本的にお金がかかりますが、ブログなら無料です。

 

かつて、大きなお金を動かしたり労力をかけなければ告知できなかったことが、ウェブを活用することで資金ゼロでの告知やプロモーションが可能なのです。

非常に資金面でのリスクが少なく、それでいて成功した際のリターンが大きく見込めるという、とても美味しいビジネスになります。

 

集客がより確実になる

ブログやSNSを使った集客を謳う人が増えているのは、資金ゼロで始められるばかりでなく、集客の動線作りが容易なほか、集客には必須の【打ち手】を複数作り込めることも魅力だからだと思っています。

その代表的な集客法の1つに、わずか数分でセミナーなどを満席にしてしまうような秘儀があります。そういったことを可能にできるのもウェブ集客の醍醐味だと思っています。

例えばこういう方法ですね↓

セミナーや体験コンサルを告知をしてから、たった数分で満席に! │ セルフ集客プロデュース

 

まとめ

オリジナル商品をWEBで売ることのメリットの多さを実感していただけましたでしょうか。

このネットツールやウェブサービスを活用したオンライン起業家は、この低リスク・ハイリターンのメリットがあるために、すでに多くの人がチャレンジしているオーソドックスな起業法の1つとなっています。

 

特に、講師・コンサル・コーチの分野は競合も多く、低リスクがゆえに競争が激しくなっている部分は実際にあります。

とはいえ、自己資金ゼロでビジネスを実践できるという環境は、それでも捨てがたい大きな受益(ベネフィット)だと私は考えています。

 

自分にビジネスの才能やセンスがあるかどうかを0円で確認することができますし、小さくてもビジネスを回して黒字化、収益化していくという経験は非常に貴重です。

大手企業でも倒産する時代に、中小零細企業はますます存続が危うくなっています。こういった時代に、自分で稼げる力を身につけておくことは、将来の不安を減らすばかりでなく、明るい未来を期待する大きな力になります!

 

もしあなたが、会社員として働く中で「自分の人生はこのままで良いのだろうか」と少しでも疑問に思うことがあれば、本当にゼロリスクで起業にチャレンジができる時代です。

このブログでは、そういった環境の中で自分の明るい未来、自分らしく働ける【居場所】を作り上げる方法を惜しみなく提供しています。

 

最後に2つほどのお勧め記事をご紹介します。

リスクゼロでハイリターンが望める『スクールビジネス』の始め方と、そのスクールビジネスで実際に私が起業を軌道に乗せてきた軌跡を綴った記事になります。

あなたの未来が、より素晴らしいものになりますように!

 

スクールビジネスの集客と運営を成功させるコツ

地方田舎暮らしの茨城人でも稼げた赤裸々なお話

 

 

無料メール講座のご案内

起業2年目の本質WEBライティング!
7日間のビジネスメール講座

■PCからの登録はコチラ
https://24auto.biz/startup/touroku/entryform6.htm

■スマホからの登録はコチラ
https://24auto.biz/startup/touroku/sp/entryform6.htm

 

The following two tabs change content below.
大崎 博之
1981年10月24日生まれ。スタートアップ・アンド・イノベーション代表 副業時代に売上を47倍に伸ばし、起業後の受注月商を10倍にした方法を、SNSを使って起業する個人起業家に対してコンサルティングしています。

-起業・ビジネス理論
-,

執筆者:

関連記事

プロフィール画像

地方田舎暮らしの茨城人でも稼げた赤裸々なお話

2015年の3月で正式に会社を退職し、まったくの貯金ゼロ、人脈も乏しく起業塾で知り合った仲間が数人いる程度。見込みのお客様も集客メディアもない状態でのスタートでした。 それでも気付けば1年半で総売上が …

美しい花の画像

SNS起業女子にみる5つの重大な課題

  記事の見出し1 SNS起業女子という市場の穴1.1 課題1:専門性が低い1.2 課題2:受注が取れない1.3 課題3:メンタルが弱い1.4 課題4:ブログ(文章)が書けない1.5 課題5 …

悩みつつ覚悟を決める女性の画像

低リスクで始めるスモールビジネス起業の秘訣 │ 安定して月30万円を達成するために

独立して、会社員生活を脱出したいと考える女性はまだまだ増え続けると私は考えています。 働く女性が増える一方で、ライフステージに合わせた環境の変化に戸惑う女性がまだまだ多い印象があります。特に結婚や出産 …

階段で本を読む女性の画像

クライアントが成果を出したコンサルティングの方法

  コンサルタントという職種に就くと、ひとつの責務が生まれます。それがクライアントの成果を出せることです。 ゴールはそれぞれ違うかもしれませんが、基本的には数値化された目標を達成させることが …

うつ伏せで上を見上げる女性の画像

起業して4ヵ月でファーストキャッシュを得る方法

まったくのゼロから起業したいという方を支援する場合と、すでにお客様を抱えている方を支援する場合では、コンサルタントもやることが異なります。 今日は、ゼロから起業して4ヶ月後には最初の収入(ファーストキ …

プロフィール




起業サポート研修を提供しています。養成講座や専門スクールを卒業後しても、資格やスキルを活かしきれていない生徒が多い現状に悩む企業や団体、個人事業主様向けのサービスです。


■詳しいプロフィールはコチラ
■初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事
■お問合せはコチラからどうぞ

ソーシャルシェア

   

メルマガ登録バナー

 

大崎博之のメルマガ無料登録

<大崎博之のセミナー活動写真>

 

大崎博之のメルマガ無料登録