スモールビジネス専門。講師のためのweb集客コンサルティング

再起動するために必要な3つの手放し

2018/04/17
 
振袖の女性の画像
この記事を書いている人 - WRITER -
大崎 博之
個人の小さなビジネスを応援する経営コンサルタント。過去3年で指導した女性起業家の数は1,000名以上。講師のための商品開発や、セミナーのカリキュラム開発が得意。独立2年目には当初目標としていた年商1,000万円規模のビジネスに到達。WEB発信が好きで、ブログ歴も14年以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら
ゆか
ヒロさん! 私、起業コンサルを始めたんですけれど、クライアントの成果が出せなくて困ってます…
ヒロさん
具体的に、どういうところに問題があると感じているの?
ゆか
やるべきことを洗い出してすぐに行動できるレベルにまで落とし込んでいるはずなんですが、なぜかクライアントの方が行動してくれなくて…
ヒロさん
そうなんだね。もしかすると、クライアントさんの方でまだ動き出す準備ができていないのかもしれないよ?
ゆか
え? それってどういうことですか!?
ヒロさん
行動できない理由にはいくつかの原因があるんだけれど、その中でいちばん根深いのが【手放し】をできていないことなんだ。
ゆか
手放し? どういうことですか?
ヒロさん
自己啓発ではよく言われるんだけど、空白の法則って知ってる?
ゆか
い。捨てると入ってくるっていう、アレですか?
ヒロさん
そうそう。多くの人はもうあらゆることで人生をぎゅうぎゅうにしてしまっているんだよね。
ゆか
洋服のクローゼットも、どんどん捨てたり収納しないと、新しい服をしまうスペースもないですし、頭がパンパンな時も新しいアイデアが入ってこないです。
ヒロさん
まさにそういうこと。それで、行動できない人が捨てるべきもの、手放すものって何だか分かる?
ゆか
う~ん、なんだろ? 思い込みとか?
ヒロさん
近いね。実は大きく分けて、全部で3つの代表的な【手放すべきもの】があるんだ。
ゆか
それを手放さないと、どうなるんですか?
ヒロさん
…全然行動できなくなるんだよ。
ゆか
…怖すぎる。。 何をどうすれば手放せるのか教えてください!

 

起業前に手放すべき3つのものとは?

飽きている様子の女性たち

これから起業したいと考える人の多くが陥る問題。

それが、「学んだのに行動できない」という現象です。

なぜそういうことが起きるのかというと、もっとも大きな原因のひとつに【手放し】ができていないことが挙げられます。

具体的には以下の3つ。

  • 依存
  • 執着
  • 制限

 

具体的にどのような弊害があるのか?

起業女子の葛藤と苦悩

例えばあなたがどこかの大きなコミュニティに参加していたとしましょう。

現在までで、すでに多くの女性起業コミュニティがSNSを通して乱立しています。もちろん、従来の交流会などのコミュニティの場もそう。

もしあなたがそういったコミュニティに依存している集客をしているとしたら…。

もしその組織やコミュニティのやり方が合わない時、もしくは崩壊が迫っている場合にあなたも一緒にビジネスを衰退させていくことになります。

また、セラピストによく見られるのが、機器や商材に依存した状態。

ずっとサロンの経営をしていくのであれば構いませんが、もし講師業など別の事業を始めることを考えた時に、そういったことを見越して経験を積んでいなければ、事業のシフトは失敗し、結局は機器や商材(アロマオイル)などに依存せざるを得なくなります。

 

風船を持って駆け出す少女の画像

 

他にも、理想のライフスタイルへの憧れ執着している場合は、目の前のやるべき活動に集中できなくなります。

例えば、大勢の前で講演している様子を夢見たり、出版やメディア出演、時には日本と海外でのデュアルライフと呼ばれるものを永遠に眺めるだけの状態から抜け出せなくなるでしょう。

特に危険のは、考えることの放棄。なんでも他人に任せてしまうことです。

自分の人生を他人に預けてしまい、責任を取ること、決断することができなくなり、最終的には、「こういう時はどうしたらいいの?」と、完全依存状態になってしまいます。

本当はまだまだあります。旦那さんの束縛が厳しくて、離婚しないことには行動ができないという、いわゆる、環境の制限というやつです。

会社勤めで残業などが厳しい場合も、辞めないことには動けないという環境の制限がつきまとってしまいます。

ではこれらを、どう手放せば良いのでしょうか?

 

手放しに必要なのは価値基準の見極めから

ピンクのワンピースの女性

私の構築している「役割」という概念は、自分の人生を再起動させるのに役立ちます。

コアコンセプトを持つこと、価値基準を明確化すること、天才性(強み)を見ること、などなど。その中でも、手放しを優先的に行いたい場合には「価値基準の明確化」がお勧めです。

 

モノを残すか捨てるか見極めるときも「持っていて幸せかどうか」、つまり「持っていて心がときめくかどうか」を基準にするべきなのです。

『人生がときめく片付けの魔法』 著:近藤麻理恵 サンマーク出版

 

にあるように、自分がどんなキーワードで心が動くかをていねいに見ることが大切です。

豊かさ、幸せ、成長、自由、仲間、個性、貢献、創造、美しさ、目標…。

自分が気になるワードをピックアップしてノートに並べ、ひとつずつを比べながら順位付けを行っていきます。

この上位の基準に基づいて人生の決断をするようにします。その時に、あなたが起業の前に手放すべきものかどうかの判断ができます。

もし、売上で豊かになる毎日と、家族で幸せな円満な家庭生活、比べた時に、どちらが優先度が高いのでしょうか?

 

まとめ

モノクロの少女と木

結局のところ人は、自分が優先するものを優先して思考を現実化させます。

新商品を作りたい気持ちがある一方で、色々なことに手をつけていて落ち着かない人に見られたくないという場合、きっとあなたはすぐには新商品を開発できないでしょう。

フェイスブックなどのSNS集客を止めたいと思っていても、一時的、もしくは永久的に集客ができなくなるのではという不安があるようであれば、そちらの “安定” を優先し、そちらを実現させることでしょう。

 

結局は自分が選ぶ。
自分の選択によって人生は
創られていきます。

 

あなたが人生を再起動させて、自分の役割に生きたいと願うなら、自分の価値基準をもう一度明確に棚卸し、本当の望みを知りましょう。

そこがあなたのスタートになります。

 

無料メール講座のご案内

起業2年目の本質WEBライティング! 
7日間のビジネスメール講座

■PCからの登録はコチラ↓
https://24auto.biz/startup/touroku/entryform6.htm

■スマホからの登録はコチラ↓
https://24auto.biz/startup/touroku/sp/entryform6.htm

 

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大崎 博之
個人の小さなビジネスを応援する経営コンサルタント。過去3年で指導した女性起業家の数は1,000名以上。講師のための商品開発や、セミナーのカリキュラム開発が得意。独立2年目には当初目標としていた年商1,000万円規模のビジネスに到達。WEB発信が好きで、ブログ歴も14年以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© HIRO-YUKI BUSINESS.COM , 2016 All Rights Reserved.