集客

個人起業家にお勧めの厳選WordPressプラグイン25選【2019】 最初にインストールすると便利です

WordPressの公式ロゴ

講師やコンサルタントの場合、ブログを運営することは個人のブランディングをする上で、非常に重要な意味合いがあります。集客にも直結するでしょう。

ですが、WordPress をインストールしたばかりの初期設定、または無料テーマを使う場合などはSEO対策としての土台も弱く、セキュリティも甘く、記事も操作が不便で書きにくい状態です。

それを解決するのが、これからご紹介するプラグイン25選です。

WordPress サイトの集客に必須のプラグイン

大画面スクリーン

それではさっそく、ワードプレスでブログを作るにあたり有益なプラグインを見ていきましょう。

プラグイン。聞き慣れない言葉かもしれませんが、要はスマホでいうところの「アプリ」です。追加すればするほど、あなた独自のブログカスタマイズが成されるわけです。

セキュリティを強化するプラグイン 3選

Akismet

スパムコメントを排除するために必須のプラグイン。こちらはワードプレスを導入すると最初からインストールされています。設定がやや面倒ですが必須のものなのでGoogleなどで「Akismet 使い方」などで検索してすぐに設定しましょう。

SiteGuard WP Plugin

インストールするだけで、悪質な不正アクセス等から自分のブログを守ることができます。最近はWEB初心者でもワードプレスを始めやすくなっている一方で、悪質なサイバー攻撃も増えてきています。しっかり身を守りましょう!

SiteGuard WP Plugin の設定方法はこちら

ただし注意点が一つ! セキュリティを強化しすぎた結果、自分もログインできなくなることが稀にあります。404エラーが返ってきてしまいログインページに入れない時は下記のページを参照してください。

管理画面を開いたら404エラー?

BackWPup

定期的に自動でバックアップを取り、自動バックアップのスケジュールを自由に設定できる優れもの。ワードプレスはセキュリティを含め自分でサーバー管理などをすべて行うのが基本。設定はこちらのサイトを参考にすると良いかなと思います。

BackWPUpの使い方と設定方法

SEO設定等で集客効果を上げるプラグイン 5選

All In One SEO Pack

ワードプレスでSEO対策をするにはGoogle Analytics と Search Console という2つの解析ツールの設定は必須です。それをスムーズに行うためにもこちらのプラグインで設定することをお勧めします。ただしすでにご利用のテーマで解析ツールのタグを埋め込める仕様になっているものもあるので、それらがあればインストールは不要です。

解析ツールの設定の仕方はこちら

Google XML Sitemaps

せっかく書いたブログコンテンツも、検索エンジンに認識してもらえなければ意味がありません。それもできれば1分1秒でも早く認識して欲しいところ。それを実現するのがこちらのプラグインです。

PubSubHubbub

ブログ更新をリアルタイムでグーグルに通知し、この記事がオリジナルであることを知らせます。先に誰かの手によって不正コピーされてしまい評価を落とされるなんていうことは絶対に避けたいところです。

WordPress Ping Optimizer

世界中に自分のブログ更新情報を少しでも早く伝えることができるプラグイン。集客効果を早めるなどの期待ができます。

WP Multibyte Patch

日本語版のWordPressを運営して、漢字やひらがなでブログを書く場合、このプラグインは必ず有効化しておく必要があります。文字化けして読めないようでは、SEO(検索)対策以前の問題ですからね…。

サイトの最適化で集客効果を高めるプラグイン 8選

BJ Lazy Load

画像のレイジーローディング(遅延読み込み)を行うプラグインです。ページの表示速度を上げるために不可欠なプラグインです。すでにこの機能が組み込まれているテーマの場合はインストールは不要です。

PS Auto Sitemap

サイト全体の構成を一目で確認できるサイトマップページがあると、読者の方は迷うことなく自分の興味があるコンテンツを読むことができます。読者に優しいブログはSEO的にも役立ちます。インストール後に設定が必要です。

設定方法はこちらのサイトで解説されています。

Nested Pages

固定ページ一覧の配置を自由自在に調整するプラグイン。サイト上の表示は「メニュー」によって調整可能だが、管理上の都合で固定ページ一覧を整えたり、カテゴリの並びを任意に揃えたときに重宝するプラグイン。

Category Order and Taxonomy Terms Order

記事カテゴリーの並びを、初期設定のままでは自分で変更できないのがワードプレスの残念なところ。こちらのプラグインを入れることで、クリック&ドラッグで自由自在に順序変更、並び替えができるようになります。

EWWW Image Optimizer

WordPress 内の画像のファイルサイズを縮小します。ページの表示速度アップに役立ちます。こちらのプラグインでは、過去に誤って大容量のままアップロードした画像も最適化してくれます。もし可能であれば初期の段階から「https://tinypng.com/」などを使って圧縮した画像を使いたいところ。

Table of Contents Plus

記事の目次を作成するプラグイン。見出しタグ(h2,h3など)を順序よく並べて記事を書かないと目次がバラバラになってしまうので、そこだけは要注意。読者の方により記事が見やすくなるよう配慮できる。

Favicon Rotator

サイトをブックマークした時などに表示されるアイコンを『ファビコン』といいます。それを簡単に設置するためのプラグインです。無料テーマの場合だとファビコンの設定ができない場合も多いので、そんな時にこれが役立ちます。

PRyC WP: Add custom content to post and page (top/bottom)

記事上や記事下に定型文を挿入できるプラグイン。『メルマガ登録の案内』などを毎回記事下に挿入したい場合にはとても便利です。無料テーマなどでCTA(コールトゥアクション)を設定できない場合などに有効なプラグイン。

設定方法はこちらのサイトで解説されています。

※上記サイト解説の方法だと「改行」がうまくできないケースがあるので、改行タグ<br /> や改段落タグ<p></p>を任意に使用すると良いと思います

※ただし最近はこちらのプラグインの更新が滞っているため、「Wp Insert」をお勧めすることが増えています。

Wp Insert の設定方法はこちら

毎日書くのが楽しくなるプラグイン 6選

TinyMCE Advanced

WordPressの投稿画面の編集ボタンの種類を増やし、HTMLやタグの知識がない方でも、無料ブログサービスと同じ感覚で記事を設定できるようになります。正直、このプラグインを入れていないとあまりに書きにくくて、1日で書く気が失せてしまいます…。

AddQuickTag

吹き出しなどのショートコードをボタン1つで呼び出すことができる必須プラグイン。これがないとサクサク記事を書くなんて夢のまた夢!?

詳しい使い方はこちらをご覧ください

Fancier Author Box

プロフィールを記事上に簡単表示できるプラグイン。「この記事を書いた人」というオシャレな表示が記事下に入るだけで、なんだかプロっぽい印象が作れます。「Simple Local Avatars」も合わせてインストールし投稿者の画像をアップロードできるようにしましょう。

WP User Avatar

初期設定では、アバターの画像がシンプルなミステリーマンになっています。このプラグインを使ってオリジナルの画像に変えることが可能になります。かつては「Gravatar」の設定が推奨されていましたが、サイト速度が遅くなる報告があるためSEO対策上「Gravatar」は使わないのが得策。

Shortcodes by Angie Makes

カラムの指定などが出来ます。よくある使い方としては、写真を横に2つ並べたい場合などがそれです。他にも機能があるので、記事にバリエーションを用意したい方グーグル先生に聞いてみましょう。

Speech bubble (ふきだしプラグイン)

LINEやFacebookメッセージのように会話形式でブログを表示できるプラグイン。遊び感覚ですが、読み手側にも親近感を伝えることができるので検討しても良いプラグインだと思います。

あったらいいかもプラグイン 3選

Contact Form 7

お問い合わせフォームプラグイン。シンプルでありながら、非常に使い勝手の良いプラグインです。スパムメール対策の「reCAPTCHA」の搭載も可能です。

「reCAPTCHA」の設定方法

Regenerate Thumbnails

テーマを何度も変えていると、ブログ一覧の画面でサムネイルのサイズがばらばらになってしまう現象がよく起こります。そんな時に役立つプラグイン。有効化して全画像のサムネイルを最適化しましょう。

詳しい「Regenerate Thumbnails」の使い方はこちら

Search Regex

過去に投稿した記事の内容を一括置換することができるプラグイン。独自ドメインの常時SSL化(httpからhttpsに変更)する際に、記事を一括で置き換えることができる優れもの。利用後は削除してOKです。

【ロリポップ】独自SSLが無料に!WordPressのSSL化(https化)全手順

まとめ

最後に、ここまでご紹介したプラグインの一覧を載せておきます。ブランディングを必要とする個人起業家(特に講師コンサル)の人たちにとっては効果的と考えられるものばかりをご提案させていただきました。

  1. Akismet
  2. SiteGuard WP Plugin
  3. BackWPup
  4. All In One SEO Pack
  5. Google XML Sitemaps
  6. PubSubHubbub
  7. Ptengine
  8. WordPress Ping Optimizer
  9. WP Multibyte Patch
  10. BJ Lazy Load
  11. PS Auto Sitemap
  12. Nested Pages
  13. Category Order and Taxonomy Terms Order
  14. EWWW Image Optimizer
  15. Table of Contents Plus
  16. Favicon Rotator
  17. TinyMCE Advanced
  18. AddQuickTag
  19. Fancier Author Box
  20. WP User Avatar
  21. Shortcodes by Angie Makes
  22. Speech bubble (ふきだしプラグイン)
  23. Contact Form 7
  24. Regenerate Thumbnails
  25. Search Regex

「プラグイン」以前に、どんなサーバーを使えば安くて高機能なのか、どんなテーマを選べば無料でもSEO対策ができるのか?

そんな疑問をお持ちの方は、こちらの記事も合わせて参照してください。

WordPressでお勧めの格安サーバーと無料テーマを一挙公開!

ABOUT ME
大崎 博之
大崎 博之
ライター / メディアコンサルタント。1,000名以上の女性起業家を支援してきたコンサル実績を活かした記事執筆サービス『オウンドメディア編集室』を提供。メディアを通して思想を文化に変えるがテーマ。WEB発信が好きで、ブログ歴も14年以上に及ぶ。
新型ホームページ集客の解説(全3回)

少ない記事で集客効果・成約率をアップさせませんか?

全3回の無料メール説明会で、
新型ホームページ集客の全容をお伝えします!

■PCからの登録はコチラ↓
https://24auto.biz/startup/touroku/entryform8.htm

■スマホからの登録はコチラ↓
https://24auto.biz/startup/touroku/sp/entryform8.htm