自動集客システム

WordPressに移行したから分かる。アメブロはここが凄かった。

投稿日:

PCを操作する人の画像

2004年にサービスが開始されたアメブロは、2012年頃に、個人で活動するコーチやコンサルタントの集客ツールとして広く使われるようになりました。

商用利用がそもそも禁止されているため、アカウント削除をされる人も一時期続発していましたが、それでも懲りずに何度もアカウントを取り直して集客に皆さん使われていました。

今さらではありますが、アメブロの一体何がそんなに魅力だったのか?について考えてみたいと思います。

その「仕組み」の本質は、ブログ集客をする上で不可欠な考え方だからです。

 

読まれるブログの入口は2つだけ

2つのドアの画像

日本国内には、無料のブログサービスが色々とあります。

はてなブログ、FC2ブログ、livedoorBLOG、など様々です。そういった一般的なブログを読者の方に見つけてもらおうと考えると、最初の入口は大きく分けて2つに分かれます。

 

検索で見つけてもらう

ブログは基本的に、Yahoo!やGoogle、Being などの検索サイトで発見することができます。

「ブログ 集客」と検索すれば、検索結果の一覧に、ブログ集客について書いた、誰かのブログ記事が表示されると思います。

この検索結果の上位表示をさせるための手法を、SEO対策と言います。

 

SNSで見つけてもらう

最近では、SNSでシェアされたブログ記事というのもよく見かけると思います。

誰かが投稿したブログ記事を、さらに誰かがSNSでシェアすることによってどんどん拡散されていくケースです。

 

その他に考えられる入口

一般的には、検索とSNSでブログ記事を見つけてもらうのがスタンダードです。

ですがそれ以外にも、ネット広告でブログを紹介したり、サイトをブックマークした人が再訪問してくれたりと、様々な入口を考えることができますが、基本は検索とSNSです。

 

なぜアメブロは集客に強かったのか

マックデスクトップの画像

検索とSNS対策が中心になるブログ集客でしたが、そんな中でアメブロは、ブログ内にSNS機能を搭載することで、始めたばかりのブログでも多くの読者に読まれる仕組みを作りました。

ビジネスで考えた場合、ブログの読者は「見込み客」にもっとも近い存在です。

アメブロは開設の初日からでも多くのアクセスが集められる仕組みを導入しました。結果、多くの個人起業家がアメブロを使い始めました。

では一体、アメブロの「アクセスを集める仕組み」とは何だったのでしょうか。

 

検索(SEO)対策を一切不要にした

WordPressでブログを書くようになって改めて気づかされたのですが、ブログというのは本当に陸の孤島です。

記事を書いても、誰にも読まれないのです。どんなに一生懸命書いても、Google側に記事の存在を認識されない限り、検索にさえ引っかかりません。

しかも、仮にGoogleに記事の存在を認識されたとしても、検索画面の1ページ目に表示されない限りは、検索ユーザーに見つけてもらえることはほとんどありません。

 

そんなブログの問題を解決したのがアメブロです。

「読者登録」を同じアメブロユーザー間で行うことで自分のブログの存在を知らせ、「イイね!」を押すことで相手ユーザーに履歴を残し、メッセージを送ればコミュニケーションも取れる。

つまり、Googleに記事が認識されている、されていないにかかわらず、アメブロユーザー間で記事を相互で読み合う仕組みを導入することで、開設初日から “読まれるブログ” にすることを可能にしたのです。

 

SNS対策も不要にした

通常は、TwitterやFacebookなどのSNSアカウントを育て、そこからブログのURLをご案内して記事を読んでもらうのが一般的です。

WordPressでブログを始める場合は、本当に最初の半年~1年は検索流入が期待できないので、SNSは必須です。

ですがアメブロは、そんなSNSの存在をも不要にしたのです。

 

そもそも、「イイね!」や「コメント」、「メッセージ」という機能はSNSそのものです。

つまり、アメブロは、ブログのような体裁をとったSNSなのです。結果として、別でTwitterやFacebookのSNSアカウントを育てる必要もなく、アメブロ内だけで完結させることに成功したのです。

 

アメブロで一番の魅力とは?

パソコンとノートの画像

正直なところ、アメブロはカスタマイズ性も弱ければ、広告バナーがあまりに多すぎるのでビジネスに適切とはいえず、何よりも商業利用禁止なので削除リスクもあります。

それでも魅力的なのは、どのブログよりも最速で読者を集め、PV(アクセス)を集められることです。

 

WordPressで1日に100アクセスを安定的に集めるためには3ヶ月以上かかるかもしれませんが、アメブロであれば最短で初日から100アクセスを集めることができます。

その理由は前述した通り、「イイね」「コメント」「読者登録」「メッセージ」などのSNS的な機能を使い、こちらから自分のブログの存在を同じアメブロユーザーに知らせることができるからです。

 

ブログの存在を知ってもらうことができれば、あなたの人柄や価値観を伝える機会が生まれますし、あなたの商品の価値を伝える機会が得られることにもなります。

つまり、ブログを始めるのであれば、読者の方に見つけてもらうことで、初めて集客のスタート地点に立てる、ということになります。

そのスタート地点に最速で立てるのがアメブロだった、というわけです。

 

アメブロ集客の考え方(応用)

ポーチを持つ女性の画像

ここからは、他のブログサービスではありえなかった「アメブロの魅力」を、いかに他の集客方法に応用できるか、を見ていきたいと思います。

アメブロの「仕組み」が画期的だったということは、その「仕組み」を応用させることで同等の効果性を生み出すことができる、と考えることもできると思うのです。

 

自ら知らせる精神

いくらSNSを要素を持ち合わたアメブロとはいえ、待ちの姿勢のままでは他のブログと一緒です。

それだったら、検索に強いWordPress(ワードプレス)でブログを作った方がマシですよね。

アメブロの持ち味は、自分から率先して「イイね」「コメント」「読者登録」「メッセージ」をすることにあります。

 

これはWordPressのブログの場合だったら、積極的にSNSアカウントを育てて自分のブログ記事を紹介することで解消されます。

チラシであれば、自ら足を使ってポスティングをしたり、ビラ配りをしながら「知ってもらう努力」をすることと同じと思います。

 

アメンバー機能とVIP感覚

アメブロには「アメンバー」と呼ばれる、さらに限定的な公開ページがあります。

つまり、普通の読者は「一般枠」であり、アメンバーは「VIP枠」というようなイメージです。

このように、読者やファンの階層付けを行うことは、優良顧客を集めるにあたって非常に有効な考え方です。

 

これをWordPressのブログでやろうとするならば、別途メルマガやLINE@への誘導リンクを用意することで解決します。

ブログを読んでファンになってくれた方には、さらに階層の深い「プレミア枠」を設ける。それがメルマガやLINE@である、という考え方です。

どんどんファン度の高い人を絞り込んでスクリーニングすることは非常に重要なビジネス活動のひとつです。

 

日常のコミュニケーション

SNS要素を持たせたブログである「アメブロ」は、とにかくコミュニケーションの仕組みが豊富です。もはやブログというより、本当にSNSそのものです。

ですが、WordPressのブログではそういったコミュニケーションは生まれにくいです。コメント機能などはデフォルトで最初から使えますが、アメブロほど気軽にやりとりをするものではありません。

 

WordPressのブログで読者の方とコミュニケーションを取ろうと思ったら、記事の中にTwitterカードなどのソーシャルリンクを埋め込んだり、Facebookに友だち申請してもらったり、という工夫が必要になります。

Facebookなどで繋がれる仕組みがあれば、そういうのもいいですね!

 

方法としては、無料のオンラインサロンをFBグループ内で作って、そちらにご案内することで誘導ができるかなと思います。

こうすれば、WordPressブログ内だけでは難しい読者様との会話も実現させることができます。

 

まとめ

Macに向かう女性の画像

アメブロには、WordPressブログなどでは再現が難しいあらゆる「仕組み」が導入されていました。

何よりも、ブログ開設してから最短初日でアクセスを集められることは非常に魅力的です。

ウェブ集客を考えていて、且つ、これからSNSもブログも始めますよ、という方の場合は、まだまだアメブロを活用する価値は十分にあると思っています。

 

もちろん、自分のお客様がアメブロ上にいること、が前提にはなります。

いくら初日からPV(アクセス)を集められるとはいえ、そのPVはアメブロのユーザーである場合ほとんどだからです。

そうなると、あなたのお客様候補の方がアメブロを使っていない限り、その集めたPVはほぼムダになってしまいます。

 

もしあなたのお客様がアメブロ上ではなく、Googleなどを使い、検索して商品やサービスを買おうと考えいるのであれば、アメブロを使う意味はほとんどありません。

例え陸の孤島であっても、最初からWordPerssを使う方が良いわけです。

そのあたりの特性の比較などをしっかりと行った上で、アメブロから学べる仕組みを応用し、本質的なWEB集客ができるようになってもらえればと思います。

 

 

無料メール講座のご案内

起業2年目の本質WEBライティング!
7日間のビジネスメール講座

■PCからの登録はコチラ
https://24auto.biz/startup/touroku/entryform6.htm

■スマホからの登録はコチラ
https://24auto.biz/startup/touroku/sp/entryform6.htm

 

The following two tabs change content below.
大崎 博之
1981年10月24日生まれ。スタートアップ・アンド・イノベーション代表 副業時代に売上を47倍に伸ばし、起業後の受注月商を10倍にした方法を、SNSを使って起業する個人起業家に対してコンサルティングしています。

-自動集客システム
-,

執筆者:

関連記事

宝箱と読書する女性の画像

ブログを1から作り直しているからこそ見えてきた “起業” との共通点とは?

  昨年の夏ぐらいからボチボチと始めていたワードプレスのブログですが、2017年の今年に入ってから本腰を入れてスタートさせました。 この記事を書いている時点で、総記事数は54で、ここ最近は1 …

PCとベッドの画像

超実践的! 集客ツールとしてのSNS活用法 │ ファン化の事例付き

2017年2月も終わる頃、わたしは【オンライン起業家】の養成講座を始めようかと思い立ちました。 私は2015年4月の独立以来、個人起業家としての集客活動のほとんどをWEB上、つまりオンラインに集約させ …

鹿ガール

集客の2ヵ月前から考え実行すべき手順

集客ができない人が犯している重大なミスが何かについて言及していきたいと思います。 今日お伝えするのは、集客をする上でもっとも大切な手順。その中でももっとも大切な考え方のひとつは、「集めて売る」という2 …

女性の笑顔の画像

起業初期の集客を成功させる3つの方法 │ マーケットの拡張戦略

どんなに素晴らしい商品が手元にあったとしても、それを届ける相手がいなければビジネスは成立しません。 今日は起業初期における、最初の2~3人のお客様を集めるというレベルでのお話をしていこうと思います。 …

集客で絶対に外してはいけない動線の作り方とは?

集客が難しくなる時の予兆というものがあります。それが「なんとなく」とか「今までこれでうまくいってきたから」という思考停止状態になってきた時です。 有名な方になると、自分からガツガツしなくても人が集まっ …

プロフィール




起業サポート研修を提供しています。養成講座や専門スクールを卒業後しても、資格やスキルを活かしきれていない生徒が多い現状に悩む企業や団体、個人事業主様向けのサービスです。


■詳しいプロフィールはこちら
■初訪問の方へ:お勧め記事 【5選】
■活動報告:主な実績へ
お問合せはこちらから

ソーシャルシェア


  

メルマガ登録バナー

大崎博之のメルマガ無料登録

<大崎博之のセミナー活動写真>

大崎博之のメルマガ無料登録