スモールビジネス専門。講師のためのweb集客コンサルティング

比較検証!ブログ集客はアメブロとWordPressどっちがいいの?

2018/06/06
 
アメブロとワードプレス
この記事を書いている人 - WRITER -
大崎 博之
個人の小さなビジネスを応援する経営コンサルタント。過去3年で指導した女性起業家の数は1,000名以上。講師のための商品開発や、セミナーのカリキュラム開発が得意。独立2年目には当初目標としていた年商1,000万円規模のビジネスに到達。WEB発信が好きで、ブログ歴も14年以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら

「アメブロとワードプレス、どっちの方が集客に便利なの?」

と、あなたはお考えかもしれません。

ですので、まずはその疑問に、率直にお応えしていきたいと思います。

 

アメブロがお勧めなのはこんな人

  • 短期的に集客したい人
  • アメブロの中にお客さんがいる人
  • ブログや文章を書くことに慣れてない人
  • 自動ツールを使うことに抵抗がない人

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

アメブロで集客をする具体的な方法

 

WordPress がお勧めなのはこんな人

  • 法人相手など信用が大事な人
  • 長期的に集客をラクにしたい人
  • 商圏が決まっているビジネスの人
  • ITやWEBへのリテラシーが高い人

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

WordPress をもっと詳しく知りたい人へ

 

アメブロ集客で目指すべきこと

ブログ集客をする女性起業家

私の自論ですが、アメブロは短期に強く、長期に弱いという特徴があります。

もし角川さんなどで出版をしたいなどのメディア露出の目論みを狙っていない限り、あまりアメブロを長期で運用するメリットは感じられません。

(角川出版さんはなぜかアメブロの読者数やPVを気にしてます…)

では、なぜ短期に強いかというと、検索で見つけてもらう以外にも、読者登録やイイね、ペタなどのSNS要素が強いためです。

そしてさらにいえば、アメーバキング2という自動ツールとの併用が可能だからです。

(アメブロを運営するサイバーエージェントさんが自動ツールを公認しているわけではありません)

 

一方、なぜ長期に弱いかというと、SEO対策の面で不利があるからです。

アメブロに限らずですが、無料ブログサービスは全般的に、検索対策として弱いと言わざるを得ません。

理由は長くなるので割愛しますが、Google のルールと照らし合わせたときに、不利な要件が揃いすぎているのです。

アメブロのアクセス解析結果

上記の画像は、2018年1月~5月に放置した私のアメブロのアクセス解析結果です。

なんということでしょう…。

1,000記事以上のストックがあるというのに、日々のアクセス(PV)が9~21 程度しかありません…。

つまりアメブロは、更新を止めたとたん、集客に使えないツールになってしまうのです。

 

WordPress集客で目指すべきこと

ブログ集客するノマドワーカー

ワードプレスで集客を考えるのであれば、短期での集客結果を見込むことはできません。

いくつかの理由があるのですが、

  • 独自ドメインの評価
  • 各記事URLへの評価
  • 記事のインデックス速度

など、ヨコ文字のややこしい理由がいくつかあるために、読者さんからの反応があるまでに3ヶ月~6ヶ月は見込んだ方が良いというのが実際のところです。

ここでいう反応とは、メルマガ登録やお問合せのことを指します。

ワードプレスのアクセス解析結果

その代わり上記の画像で分かるように、放置ブログであっても月間のPVが11,330 というようにアクセスを集められるのがWordPress の魅力です。

実際に、このPVを出した2018年の5月は、記事更新回数がたったの2回です。

つまり、時間はかかるけれども長期的に集客をラクにし、しかも自分だけのURL(独自ドメイン)で運用することになるため、お客様を前にしたときの信用度が高まる特徴があります。

 

おすすめの使い分け方法

白い服を着た女性

もしあなたがブログに集客にこだわるのであれば、私がおすすめする手順があります。

あくまでアメブロの中に見込みのお客様がいるという前提になりますので、そこの部分はしっかりと押さえた上で読み進めてもらえたらと思います。

 

最初の半年はアメブロに集中

まずは「アメブロ×メルマガ×アメーバキング2」を使って、短期的にメルマガリストを集めることに集中すると効率が良いです。

詳しいノウハウはこちらです↓

アメブロを使ってメルマガ集客をする効率の良い方法

 

次の半年はメルマガで売上を作る

メルマガリストが200~300ほど集まれば、しばらくは安定的に売上を作ることが期待できます。

具体的なweb集客ノウハウはこちら

おすすめのメルマガ配信サービス

アメブロの方も頻繁に更新する必要ありません(週1~2回程度で十分)。

アメーバキング2という自動ツールだけ動かしていれば定期的にリストは集まりますし、記事も投稿日時だけを変更させた「再アップ」でもOKです。

ただし、アメブロ内だけでリストを集めるのには限界があります(目安は500リスト)。

以降はメルマガリストの獲得率もジリ貧になるので、ここからはWordPress の出番です。

 

WordPress を構築し始める

ワードプレスは、アメブロとまったくルールが違います。

書きたいことを書くのではなく、実際に検索されて読まれる記事を作る必要があります。

記事の更新も頻繁である必要はありませんが、グーグルアナリティクスやサーチコンソールという無料の解析サービスを駆使して、記事のメンテナンス(リライト)が必要です。

アメブロとはまったく違うルールの中、なかなか結果の出ない日々が続くと心も折れやすくなるため、ブログを長く運営できるコツ、心構えはおさえておく必要があります。

ワードプレスでブログを書き続けるためのコツ

しかし、適切に続けていれば確実に成果はついてきます。

もうブログを更新しなくても勝手にメルマガリストが取れる、もしくはお問合せが入るブログになることを考えれば、続けていく価値はあるというものです。

 

まとめ

コワーキングスペースでブログを書くフリーランスの女性

ブログ集客はアメブロとWordPressどちらがいいか?

その答えは、まず1つに「自分のビジネスで必要なのはどっちなのか?」を見極めることにあります。

そして、両方とも必要である場合には、アメブロ→ワードプレス、の順で育てていくことが大切ということになります。

短期に強いアメブロと、長期に強いワードプレス。

同じブログとはいえ、まったく運用ルールの異なるアメブロとワードプレス…。

戸惑うことも多いと思いますが、起業のフェーズに合わせてうまく切り替え、シフトすることが長期的に集客し続けるコツになるといえます。

そして当たり前ですが、ブログを運用にするにあたり、文章力(ライティング)の力が求められるのは言うまでもありません。

そのあたりのスキルアップも合わせてしっかりと行っていきましょう。

 

無料メール講座のご案内

起業2年目の本質WEBライティング! 
7日間のビジネスメール講座

■PCからの登録はコチラ↓
https://24auto.biz/startup/touroku/entryform6.htm

■スマホからの登録はコチラ↓
https://24auto.biz/startup/touroku/sp/entryform6.htm

 

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大崎 博之
個人の小さなビジネスを応援する経営コンサルタント。過去3年で指導した女性起業家の数は1,000名以上。講師のための商品開発や、セミナーのカリキュラム開発が得意。独立2年目には当初目標としていた年商1,000万円規模のビジネスに到達。WEB発信が好きで、ブログ歴も14年以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© HIRO-YUKI BUSINESS.COM , 2018 All Rights Reserved.