起業・ビジネス理論

SNS起業女子にみる5つの重大な課題

投稿日:2017年1月28日 更新日:

チームランス

 

SNS起業女子という市場の穴

起業という働き方の認知が広がり、多くの女性起業家が増えました。

ですが、本来であれば自由な時間とお金を手にして、理想のライフスタイルを叶えることができるはずが、実際はセミナーなどにお金を使うばかりで一向に稼げるようになる兆しがないという方も増えています。

そこにどんな課題があり、どのような解決策があるのか。実際に起業志望家の方々を支援してきたからこそ分かる、生の情報をお伝えしたいと思います。

 

課題1:専門性が低い

資格を取ったから起業する、養成講座を卒業したから起業する。この場合に問題になるのが、専門性の低さです。

○○さんのサービスを受けて人生が変わりました。素晴らしいので私も伝えたい。なので資格を取りました。起業します!

これだと専門性にちょっと弱いのです。要は、同じ資格を持つ方々との差別化が難しいだけでなく、後々に自分の軸がブレてしまうことが少なくないのです。

 

課題2:受注が取れない

これもとても多い悩みの一つですが、注文を取れない、受注が得られないという状況です。

受注が取れないので、当然売上も上がりません。要は、集客の仕方が分からないとか、いざセールスする時に申し訳ない気持ちになり販売することができないということが方々で起きています。

起業初期は営業力こそがすべてと言っても過言ではありません。

 

課題3:メンタルが弱い

会社員としての働きが不満の連続であるならば、起業というのは不安との戦いの連続です。

来月の生活費すらも保障されない生き方というのは、起業への憧れをはるかに超えるストレスの連続です。それに耐えられず、パートとの兼業を止められなかったり、会社員へ戻る方も少なくありません。

 

課題4:ブログ(文章)が書けない

営業の仕方にもさまざまありますので、必ずしも文章が書けないと事業が成り立たないというわけではありません。

ですが、ホームページに始まり、ブログ、フェイスブック、ツイッター、各種SNS、メルマガ、LINE@、チラシ、FAX-DMなどなど。文章を扱うことはとにかく多いのです。

その中でブログというのは、他の起業家さんたちと差別化を図るという意味で、一番のブランディングツールです。

そこに対し「苦手だから書かない、書けない」という選択を容易にしてしまう考え方そのものに疑問はあります。

 

課題5:低単価の商品路線に走る

良いサービスを維持したまま価格をいかに安く抑えるか。それこそが企業努力というもの。

しかし、多くの個人起業家の陥ってしまう低単価サービスの路線は、企業努力とはまったく関係がないところです。

商品の価格を安くして自分のビジネスを潰してしまうという、いわゆる赤字経営を率先してしまうところに問題があります。

 

本質的な課題は、そもそものマインドセットの弱さにある

個人起業家として活躍するためには、最低でも4つの技能を自在に扱う必要があります。

商品を売る「セールス」、商品開発~集客までを行う「マーケティング」、価値を伝える「文章力(コピーライティング)」、そしてそれらを管理する「マネージャー」の4つです。

言うまでもなく、資格を取りました、養成講座を卒業しましたというだけでは、残念ながら上記4つの技能は身に付きません。そして仮にそれらの技能があったとしても、次のような本質課題を抱える場合には意味を成しません。

 

理想のライフスタイルを求める?

自分が本当の本当に求めるものを追及しないとビジネスを続けるのは困難です。

それにもかかわらず、本に書かれた誰かの成功ストーリーに憧れ、自分の「本当」を見失う人があまりに多いのです。本当に月商7桁、年収1000万円を、何をしてでも手に入れたいですか?

 

好きなこと依存してない?

ビジネスを続ける上で「好き」という感情は大きなモチベーションです。

ですが、ビジネスをする上でもっとも大切なのは「好き」よりも「成果」であり、多くの人が成果よりも好きに重きを置くがゆえに、ビジネス本来の目的である「利益活動」を放棄してしまいがちです。

 

安定収入が欲しい?

先にも述べましたが、起業という在り方は「安定」とは正反対の生き方です。

確かに安定した収益を目指すことは大事なのですが、それは会社員時代の「安定」とは意味が異なるものです。

特に「投資感覚」の欠如した在り方だと、稼いだ分をそのまま貯金しようとしたり、設備投資などの先行投資を出し渋り、自身の成長を止めてしまう恐れがあります。

個人起業家の場合、成長のストップは、ビジネスの停止に等しいのです。

 

解決策は、頑張らずに凛と輝くことにある

凛と輝く女性

 

前述した「セールスマン」「コピーライター」「マーケッター」「マネージャー」という役割をすべて自分で行うのが個人起業家の特殊技能の一つです。

ですが、多くの人はこれら全部を自然と網羅するようにはなっていません。努力によって「弱み」をカバーする必要があるのです。

ですが、必ずしもその弱みを自分でカバーする必要はなく、人の力を借りるという方法もあります。その代表が会社組織での働きであり、時にはアウトソーシング(外注)で補われてきました。

では、個人起業家の場合はどうすればいい?

 

欲張りな自分のまま、最高の妥協点を見つける

今、女性による、SNS個人起業家市場の中で欠けているのは「頑張り」ではなく、「プラットフォーム」です。

自分の好きなことで、自分の得意なことで、自分の時間の一部をキャッシュに変える。そんな新しい働き方を可能とするシステムが足りていないのです。

 

お金 < 自由で縛られない生活

あなたがこれから大切にすべきは、自分の強みを活かし弱みを補えるチームです。

目標目的、達成手段。これらを共有しながら「誰と」働くのか? これこそが今後の個人起業家市場で自分を今のまま活かしていくための新しい働き方なのです。

 

 

まとめ

現状の個人起業家市場では、足りないところを自ら埋めるために、多くの人が起業塾や経営塾に通っています。

確かにビジネスの全てを個人で完結させる方が手元に残るお金は大きいかもしれません。ですが、自分を殺してまで生きる働き方は、本当にあなたの望むライフスタイルなのでしょうか?

すでにそのことに気づき始めた人は、フリーランス(個人)での働き方からチームランス(共同)での働き方にシフトしています。

あなたの起業、どうしますか?

 

 

無料メール講座のご案内

入門! オンライン起業家養成
7日間の【動画特典付】無料メール講座

■PCからの登録はコチラ
https://24auto.biz/startup/touroku/entryform4.htm

■スマホからの登録はコチラ
https://24auto.biz/startup/touroku/sp/entryform4.htm

 

 

The following two tabs change content below.
大崎 博之
1981年10月24日生まれ。スタートアップ・アンド・イノベーション代表 副業時代に売上を47倍に伸ばし、起業後の受注月商を10倍にした方法を、SNSを使って起業する個人起業家に対してコンサルティングしています。

-起業・ビジネス理論
-,

執筆者:

関連記事

情報過多時代の思考停止を防ごう!

もうSNS疲れしない3つのWeb管理術! ~情報過多で思考停止している方へ~

  記事の見出し1 情報が多すぎる時代の脱・SNS疲れ!2 SNS疲れの原因は近すぎる距離感2.1 解決策1:利用時間を制限する2.2 解決策2:「イイね!」の数を気にしない2.3 解決策3 …

安心して起業準備をする女性

本業がある人も匿名で起業準備がバッチリできる方法とは?

  ちょっと本音でぶつかりたいと思うのですが、起業を夢見て頑張ったけど、やっぱり自分には向いていないんじゃないかと思ってしまった方や、 もしくは本業の仕事があって副業は禁止だから、起業には興 …

窓際のパソコンと紅茶の画像

オリジナル商品はWEBで売る! スタートアップ・アンド・イノベーションのこだわり

オリジナル商品をウェブで売ることの専門家。スタートアップ・アンド・イノベーション代表の大崎博之です。 初訪問の方へのお勧め記事 プロフィールはコチラ   私は常々、起業を考えるなら、まずは少 …

PCを操作する女性の画像

一億総クリエイター時代にオンラインの恩恵も!? BLOG×SNS の可能性とは?

  記事の見出し1 あなたには『人生再起動』のチャンスがある2 セカンドクリエイターに迫る4つの壁を越える!3 4つの壁をクリアするために必須の『文章力』3.1 文章力を問わないシーンがどこ …

茨城の関東平野とコシヒカリ

地方田舎暮らしの茨城人でも稼げた赤裸々なお話

  記事の見出し1 地方でもネット環境があれば起業の可能性アリ!1.1 コレはいけると思ったのが講座ビジネスだった1.2 最初の集客は他人のマーケットに飛び込むことから1.3 商品は他人のも …

プロフィール




女性の個人起業を支援するコンサルティング事業を展開している大崎博之です。特にWEBを活用した在宅型の講師ビジネスの支援が得意で10万円以上の高単価商品を売れるようになる女性も多数。


■詳しいプロフィールはコチラ
■初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事
■お問合せはコチラからどうぞ

ソーシャルシェア

   

メルマガ登録バナー

 

大崎博之のメルマガ無料登録

活動レポート写真

 

<大崎博之のセミナー活動写真>

follow us in feedly
 

 

 

 

LINE@無料登録バナー