個人起業家のマインド

経営塾で成果を出せる2割の人間になるために

投稿日:2016年11月17日 更新日:

Mac Book Proの女性と腕時計

自分のビジネスを成功させるためのキッカケとして起業塾や経営塾を利用する人はとても多いもの。

そういう中で、パレートの法則で言われるような2:8の現象がセミナー業界の中でも起きていることをご存じでしょうか?

今日は成果を出せる2割側の人間になるためのお話をします。

 

お金を払えば受講できるとは限らない件

2割に人間しか成果を出せない。

そういった状況がある中で、クライアントが成果を出し続けるための、ある重要な取り組みがあります。それは…

講師(コンサル)側が、受講生を “選ぶ”という行為です。

 

例え受講料を支払ったとしても「この人に成果を出せることを難しい」と判断されると、例えお金を払うと主張しても経営塾や起業塾を受講できないこともあります。

講師(コンサル)側も、ビジネスとして行う以上は実績が必要ですし、なによりお客様のためにもなりません。

 

そのため、体験コンサルのような場面でしっかりと面接が行われているケースは少なくありません。

では、どういった人が面接に受かり、どういった人が面接で落ちてしまい成長への階段を外されてしまうのでしょうか?

 

面接が通る人、落ちる人の3つの違い

具体的に分けると3つのパターンで受講生を区分することができます。ここからは、それら一つひとつを丁寧に見ていきましょう。

 

高確率で成果を出すパターン

まず一番受かりやすいのは「間違いなく成果を出せる」という確信が得られた場合です。

よく経営(起業)塾の期間中に受講費を回収してくださいという謳い文句がありますが、実際に回収に至る人というのは案外最初に会った瞬間、話した瞬間で分かってしまうものです。

 

要は、

売れる商品があるし、見込みのお客様もいるという状態の人。単純に戦略的なミスがあるだけで、本人のビジネスマインドは十分に高く、ほんの微調整でうまく人。

 

こういう人はむしろ、講師(コンサル)側からすると、お金を払ってでも参加して欲しい人たちの種類に分類されます。

受講後1ヶ月でいきなり大きな変化をしやすいのはこういうタイプの受講生です。

講師側もコーチングのような “引き出す作業” をするだけで、本人たちは勝手に気づき成長していくのでラクなのは間違いありません。

 

成果を出しやすい人たち

もっとも高い確率で成果を出す人たちには「コーチング」的な気付きを促すことで勝手に成長して成果を出します。

だが、そういう人たちは全体に2割ほどしかいないのが実情で、逆に考えれば、10人中2人は、究極のところ講師やコンサルが何もしなかったとしても一定の成果を上げる、ということです。

 

では次に成果を出しやすい人たちとは?

それが「素直な実践者」たちです。

 

ビジネスの土台がなく、基礎知識がないためにうまくいかなくなっている場合、それを解決するのはコンサルの側からしても難しいことではありません。

単純に教えること(ティーチング)によって理解を増やし、素直な行動と実践によって本質を習得していくプロセスを踏みます。

 

初期の段階は「知らない」を「知る」ために、一見は依存しているようにも見えますが、ある段階から自立して考えることができるように指導していけば問題はありません。まずは一歩目の成功体験が必要で、そこから人は多くを学びます。

素直な実践者は成果を上げるだけでなく、先生という存在に対し尊敬と憧れの両方を持つことも多く、アシスタント的な立場で先生のフォローにその後入る可能性も高いものなのです。

 

成果を出しにくくなる残りの8割の人たち

表現さえ間違えなければ、この8割の層の人たちにもっとも必要なものは “再教育” の場であるということ。

とにかく “自己流” に染まっていて素直に実行できない場合は成果が出にくくなります。

そしてそれ以上に厄介なのが、そもそもの起業マインドが備わっていないところに危険をはらんでいます。

 

成果の出ない8割の人たちはどこへ行くのか?

もっとも典型的な例は「やり方」を学びぶためにセミナー渡り歩くことになる。いわゆるセミナージプシーという状態です。

ただし、講師(コンサル)との相性もあるため、自分により合う人(場所)を見つけることも重要な行為に違いはありません。

ただ、“やり方” に注力しすぎるあまりに、“在り方” が疎かになることは避けなければなりません。あなたのやり方ではなく、講師側の在り方です。

 

成果を出させる講師側の “在り方”とは?

ある人は、ノウハウを教えない講師として君臨し、ある人は、厳しく叱ることを大切な方針としている。

ある人は、コンサルしないコンサルとして君臨し、ある人は、徹底的な寄り添いと支援を方針とする。

 

成果の出ない8割の人間が “やり方” を求めるように、成果を出せない講師もまた “やり方” に意義を見いだします。ですが、双方にとって大切なのは、やり方ではなく、“在り方” なのです。

やり方に注力しすぎるコンサルタントから学べるのはあくまで手段であり、それをクライアント側が使いこなせるかどうかは賭けになってしまいます。

 

そうではなく、その人に合ったやり方で、その人が必ずやり遂げることができるという信頼を持って指導するからこそ、クライアントは成功します。

もし自分の依頼しているコンサルタントが「やり方」「手段」だけに固執している場合は注意が必要です。

 

まとめ

成果を出す2割の人間になるためには、講師(コンサル)へ依頼する前にすでに多くの失敗を繰り返してきた実践者であり、同時に、素直に行動できる『型』を守れる在り方が必要になります。

実は成果の出ない行動を取り続け苦しんでいる個人起業家たちは数多くいます。

 

でも、覚えておいてください。

素直であることを大切にし、我流にこだわることをしなければ、あなたのありとあらゆる活動はすべて財産となります。

試した手法やメソッド、それによってもたらされた結果というデータは大きな財産なのです。

 

学び続け、行動し続けた歳月は決して無駄になることはありません。あとはそれらの財産を適切に処理できるように自らが成るか、講師やコンサルタントに依頼するということが次の一手に挙げられるかもしれません。

その時にはもうあなたは、成果を出せる2割の人間へと成長していることでしょう。結局は、マインドの在り方に答えがある、ということになるわけです。

 

 

無料メール講座のご案内

入門! オンライン起業家養成
7日間の【動画特典付】無料メール講座

■PCからの登録はコチラ
https://24auto.biz/startup/touroku/entryform4.htm

■スマホからの登録はコチラ
https://24auto.biz/startup/touroku/sp/entryform4.htm

 

The following two tabs change content below.
大崎 博之
1981年10月24日生まれ。スタートアップ・アンド・イノベーション代表 副業時代に売上を47倍に伸ばし、起業後の受注月商を10倍にした方法を、SNSを使って起業する個人起業家に対してコンサルティングしています。

-個人起業家のマインド
-,

執筆者:

関連記事

女性のオンリーワン写真

SNSから脱出したければビジネス上手になれ!

  記事の見出し1 やる気が出なくなる原因の一つは他者比較2 なぜ周りが気になるのか? SNSの弊害3 SNSから抜けるためにはビジネス上手になれ4 具体的なSNS脱出法とは?5 まとめ5. …

少女2人

願いが思い通りになる個人起業家の生き方

個人起業家として活動をするということは、自分でマーケティング活動を行いリサーチからキャンペーンまでを行う。 自分で商品を開発し、自分で営業してセールスをかける。集客だった最初から最後まで自分で行うのだ …

依存・執着・制限の手放し

再起動するために必要な3つの手放し

  記事の見出し1 起業の前に行うべき人生の再起動2 起業前に手放すべき3つのものとは?3 具体的にどのような弊害があるのか?4 手放しに必要なのは価値基準の見極めから5 まとめ5.1 無料 …

少女と空

フリーランスの個人起業家として働くようになるまでの「10年間のストーリー」

  記事の見出し1 自分の人生を生きないという選択肢がある1.1 2015年のちょうど1年前にさかのぼる1.2 宣言をさせられた3日目の午後2 2006-2011年にまた時は戻る2.1 海外 …

Macで仕事をする女性起業家

セミナー参加後に、短期で成果を出す絶対条件とは?

SNSを集客ツールに活躍する女性起業家は、2015年頃から爆発的に増えたように感じます。 それに合わせて、起業セミナーや起業コンサルを展開する人も増えてきて、さらには価格の面でも、起業系のセミナーやコ …

プロフィール




女性の個人起業を支援するコンサルティング事業を展開している大崎博之です。特にWEBを活用した在宅型の講師ビジネスの支援が得意で10万円以上の高単価商品を売れるようになる女性も多数。


■詳しいプロフィールはコチラ
■初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事
■お問合せはコチラからどうぞ

ソーシャルシェア

   

メルマガ登録バナー

 

大崎博之のメルマガ無料登録

活動レポート写真

 

<大崎博之のセミナー活動写真>

follow us in feedly
 

 

 

 

LINE@無料登録バナー