個人起業家のマインド

目標達成を遠ざけてしまう思考法とは?

投稿日:2016年9月5日 更新日:

牛ガールの画像

誰でも目標達成はしたいと思う。だが実際に、それを成し遂げられる割合というのは非常に少ないのが実情だ。では、なぜそういうことが起きてしまうのか。狙い定めた目標がズレてしまうことの恐ろしさと共に、どのようにすればそれが解決されるのかをここでは見ていこうと思う。

 

決断の誤りによって目標設定がズレた時の危険性

森岡毅氏と今西聖貴氏による『確率思考の戦略論』という角川書店から出ている本がある。その中で非常に面白い考察が載っていたのでご紹介したい。

 

ダーツを思い浮かべてください。なかなかうまく目標にあたりませんよね。中心にある目標を凝視して狙いをつけて矢を放ったとしても、矢はその目標ドンピシャにはなかなか当たりません。明確に正しい目標を狙ったとしても、結果は的の中心からの様々な誤差を生み出すのです。

(中略)

正しい目標からたった1標準偏差ずれただけで、正しい決断に対しての成功確率は7割になってしまいます。2標準偏差もずれてしまうと、正しい決断をした時に対して約4分の1にまで成功確率が激減してしまうのです。ダーツのように、明確な目標を狙いすましても誤差でブレるのに、目標をズラしてしまったらビジネスの結果はとんでもないことになるのです。

 

人は感情の生き物なので、例え正しいノウハウに従って目標設定をしたとしても、その起伏によって目標の矛先がそもそもズレてしまうわけです。逆に考えると、感情に支配されずに結果だけのために淡々と仕事ができる人ほど達成はしやすいことになります。

そんな中、藤川美帆さんという方が発売している『最速思考術』というDVDがある。その中で非常に興味深いお話があったので紹介したい。

 

『最速思考術』では、”最速結論→最速行動→最速人間関係→最速感情” の順番で進めることが大切です。結論を手にしてしまえば行動する必要がありません。行動ができていれば人間関係を心配する必要がないし、人間関係が作られていれば負の感情を気にする必要がなくなります。

(中略)

ふつうはこの順番を逆にして失敗します。自分の感情が乱れやすいので、悩んだり迷ったりする。そこで負の感情にフォーカスしてしまうので、それを人間関係で補おうとして人の心を気にするというマインドになり、そのマインドで行動するのでマイナス回避の結論を導く、という悪循環を生み出します

だからこの順番を入れ替えることが大切なんです。

 

何をやってもうまくいかない時というのは、感情の乱れによって最終的にマイナス回避、つまり「こうなりたくないから」という結論のために行動をするようになります。人の目を気にしたり、自分が傷つくことを怖れたりして、自分が本当にやりたいと心の底から願うことにフォーカス(焦点)がいかなくなってしまうのです。

 

これはまさに前述した目標のズレにつながる話で、そもそも狙うべき結論(目標設定)を間違ってしまうがゆえに、そもそもの成功確率を落としてしまっている、ということになります。

何事もうまくいかないときは、完全にこのループにハマってしまっていることが多々あるわけです。

森岡氏は著書の中で、次のようにも言っています。

 

合理的に準備して、精神的に戦うのです。

 

スピリチュアルに言われるような宇宙の法則に則れば、心の底から「やりたい!」と願っていることはエネルギー・フィールドの力で現実化させるためのチャンスやインスピレーションを次々に目の前に現します。

それを掴むかどうかはあなた次第。自分の中に芽生えた『情熱』というエネルギーも、『行動』というエネルギーを使って循環させない限りどんどん吹き溜まりのように停滞してしまい、エネルギーの流れが悪くなってしまいます。

 

ビジネスにしても、『決断』を遅らせることは失敗すらも先延ばしにしてしまいます。

本当は『A』という失敗の先にしか成功の『B』が存在しないにもかかわらず、です。そういう意味では全てがプロセスであり、失敗という概念そのものが無いのかもしれません。

 

どのようにすれば目的の達成は叶うのか?

逆説的なようにも聞こえるかもしれないが、目的を達成するためには目標設定をしない方が望ましいことも多々あります。

得たい結論(目的)だけを定めたら、その方法論を吟味しすぎないことです。目の前に現れた “小さなできること” から着手していくことが秘訣の一つだったりします。

 

情熱というエネルギーが増加したとき、これまで見えていなかったものが見えるようになります。

テレビの番組と同じで、すでにあらゆる番組(理想の現実)はアンテナを通してあなたの前まで来ているのです。すでに存在しているのです。ただ、あなたがテレビのリモコンでどのチャンネルに合わせるかによって、現実として目の前に現れる番組(理想の現実)が異なるに過ぎないのです。

 

すでに目的を達成するための方法やヒントは、目を開けばあなたの元へすでに届いています。

あとはそれに気づき、しっかりとその手で掴み、行動というエネルギーを使いながら循環させていくことです。

 

まとめ

私はこれまで多くの起業志望のクライアントのサポートをしてきました。

そこでいつも感じていたのは、商品を考えたりコンセプトを考えたりする「考える時間」や「悩む時間」「迷う時間」が多ければ多いほど願いの現実化は遅れ、欲しいと思った状態をすぐに手に入れるためのに最速の結論・行動を取る人は願いの現実化が早いのです。

 

具体的には、商品を作る前に商品を売ってしまう人の方が、目的の達成が早いということです。

結局は商品というものはあなたの中から作り出されます。ということは、あなたはどんな商品が作れるのかを自分で知っています。ということは、先にセールスをして売ってしまった方が、お客様の悩みや要望に合わせてカスタマイズしやすくなるので、より効果的な商品になるということです。

 

セールスをして、結果的に商品力を高める。

それが最初だと考えると、集客やメディア構築というのは一番最後にやることだという結論になります。そして事実、この順番で成功のステップを踏んで思い通りの人生を歩んでいる人は多いのです。

 

自分の中の常識を疑うことが、自身の成功のためにいちばん早い向き合い方なのかもしれません。

 

 

無料メール講座のご案内

起業2年目の本質WEBライティング!
7日間のビジネスメール講座

■PCからの登録はコチラ
https://24auto.biz/startup/touroku/entryform6.htm

■スマホからの登録はコチラ
https://24auto.biz/startup/touroku/sp/entryform6.htm

 

The following two tabs change content below.
大崎 博之
1981年10月24日生まれ。スタートアップ・アンド・イノベーション代表 副業時代に売上を47倍に伸ばし、起業後の受注月商を10倍にした方法を、SNSを使って起業する個人起業家に対してコンサルティングしています。

-個人起業家のマインド
-,

執筆者:

関連記事

Macで仕事をする女性起業家

セミナー参加後に、短期で成果を出す絶対条件とは?

SNSを集客ツールに活躍する女性起業家は、2015年頃から爆発的に増えたように感じます。 それに合わせて、起業セミナーや起業コンサルを展開する人も増えてきて、さらには価格の面でも、起業系のセミナーやコ …

電車内で本を読む女性の画像

起業したい、高額商品を作りたいと言うけれど「自信がない」と弱気な人のホントのところ

コンサルティングによって女性起業のサポートをしている私ですが、切っても切れないテーマのひとつに【自信】というものがあります。 特に本命商品(多くの場合、高額商品)を作る段階になって「私が本当に10万円 …

読者する大崎博之の画像

フリーランスの個人起業家として働くようになるまでの「10年間のストーリー」

  記事の見出し1 自分の人生を生きないという選択肢がある1.1 2015年のちょうど1年前にさかのぼる1.2 宣言をさせられた3日目の午後2 2006-2011年にまた時は戻る2.1 海外 …

テディベアを抱えるエレガントな女性

覚悟がないと本当に起業は難しいのか? │ 行動ができない3つの原因を解明しました

起業のコンサルティングサポートをしていると、どうしてもクライアントが行動を起こさないという状況に頭を悩ますことがあります。 教え方が悪いのか? それとも教えすぎているのか? 様々な理由がある中で、今日 …

cooperative stone

ビジネスは売上ではありません?!

  記事の見出し1 ビジネスは売上のためにあるわけじゃない?2 売上という数字はただの結果である3 情熱は行動に宿る。やる気が出てから行動しない4 まとめ4.1 無料メール講座のご案内 ビジ …

プロフィール




起業サポート研修を提供しています。養成講座や専門スクールを卒業後しても、資格やスキルを活かしきれていない生徒が多い現状に悩む企業や団体、個人事業主様向けのサービスです。


■詳しいプロフィールはコチラ
■初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事
■お問合せはコチラからどうぞ

ソーシャルシェア

   

メルマガ登録バナー

 

大崎博之のメルマガ無料登録

活動レポート写真

 

<大崎博之のセミナー活動写真>

大崎博之のメルマガ無料登録